プーマ (PUMA)の詳細情報,プーマ (PUMA)のサッカー用品・フットサル用品の通販や、ショップ情報など - ラボーラ

ホーム ストア ブランド プーマ (PUMA)

プーマ (PUMA)の詳細情報

プーマ (PUMA)
公式ホームページ
http://www.puma.jp/

プーマ (PUMA)とは

ドイツ、バイエルン州ヘルツォーゲンアウラッハを本拠地とする世界的なスポーツ用品・スポーツウェア等を製造から販売までしている多国籍企業。

原点は1924年にアドルフとルドルフのダスラー兄弟が体育館用のシューズを開発したことに始まる。靴工房を運営した父クリストフ・ダスラーは、息子であるアドルフとルドルフの2人の兄弟に対し、ヘルツォーゲンアウラッハ地域の慣例に従って靴職人になるように言い伝えた。2人は靴工房での修行を行い、水車小屋からフェルトクズを得て、そこからゴムチューブなどでスリッパを作り、各地の市場に販売された。

1920年、ダスラー兄弟商会設立。1924年それを応用し、靴紐の変わりにゴムの付いた革底を使用した体育館シューズを開発し、1925年地元の体育協会が1万足を注文したことで利益を上げ、工場の増築が図られるようになった。ルドルフはその後、著しく発展し世界的なスポーツとなりつつあったサッカーで使用するシューズや、知人で陸上競技のコーチであったヴァイツァーの提案による陸上用シューズの開発を行い、世界恐慌になりかけていた1928年には実に8000足もの売り上げを達成し、アムステルダムオリンピックでも参加者の多くはこのダスラー社の靴を使用していた。

一旦1933年ごろから不況のあおりをまともに受けて経営危機に立たされたが、1936年のベルリンオリンピック開催が決定すると、その売り上げが原料不足になるほどまで急上昇していった。その後1935年にポスターによる広告活動が開始された。だが、第二次世界大戦の影響で一旦生産が規制され、1942年ルドルフも兵役に徴兵された。

その後、兄弟喧嘩によって1948年に独立して、アドルフはアディダス、ルドルフはルーダを設立。このルーダが1949年からプーマというブランドに生まれ変わった。このプーマとはアメリカライオンのピューマから命名された。ロゴはチーター。

サッカー選手達にとっては定番中の定番ブランドであり、ペレ、ヨハン・クライフ、ディエゴ・マラドーナ、ローター・マテウスなど、世界でもトップクラスのプレイヤー達も使用していた。日本においても、三浦知良をはじめとして、プーマのスパイク使用のトップ選手は多い。現在では、テレビコマーシャルにペレを起用している。又、日本専売モデルである、パラメヒコは中学生からプロの選手に至るまで愛用者が多く、1986年の発売以来、20数年たった現在でも、大幅なモデルチェンジ(新たなスタッドパターンを採用した派生モデルはある)する事なく多くの選手に選ばれている。adidasのコパ・ムンディアル同様愛用者が引き続き同モデルを使用し続ける事が多い。
※本サイトでは正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されていることがございます。また、会員の方が追加・編集している情報もあります。本サイトでは情報が正しいことを保障しておりません。あらかじめご了承ください。
※掲載情報に間違いを発見した場合には、こちらよりご連絡ください。

LaBOLA Tシャツ
ショップを探す
お知らせ
LaBOLA(ラボーラ)ストアがリニューアルしました!
サッカー・フットサル用品が探しやすくなり、クチコミや価格比較が出来るようになりました。